×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マインドシーカー

 

 

総合評価

 

 

 

 

 


ナムコが世に送り出した超能力者育成ソフト(爆)

サードパーティー大手のナムコが世に送り出した超能力開発ソフトという名の何か

もう説明する気も正直起きないほどの中身ですが、

このゲームは超能力を使って、様々な試験をクリアしていくという単純明快なシステムで、

基本はボタンを押すだけという操作性には何も苦労しないゲームです。

エスパーキヨタ(※元ネタの人物は逮捕歴あり)という謎の人物がいる施設で、

エスパーのトレーニングを積み、街中で実践訓練を行い、最終関門に挑むことになります。

ここまででお気づきの人もいるかと思いますがこのゲーム、斬新なコンセプトを含めて意味不明な存在 なのです。





評価点と失点

評価点 王道アクションの代表格『マリオシリーズ』の決定版と言われ、歴代最強ロンチタイトルとしても名高い
任天堂のマスコット、マリオの看板に恥じない見事な完成度と操作性。SFCの普及に凄まじい貢献をした。
マリオシリーズの肝とも言える操作性は良好で、簡単なアクションであれば序盤でマスター出来る
使用するボタンの増加や、マントマリオなどの特殊操作が増えたものの、決して難しいものではない。
コツが掴めれば、自由自在にマリオを動かすことが可能で、それだけで十分にゲームとして面白い
マリオブラザーズ3同様、ステージ選択形式を採用。隠しルートも存在し、クリア済みステージを再度遊べる。
描写性が高まった結果、ステージ毎の背景に大きく差別化が図られ、より冒険している気分を味わえる
ステージ構成も序盤は練習気分で操作を覚えられる設計。歯応え十分の隠しステージも存在する。

全体的に初心者に優しい設計であるため、アクションゲームとして敷居が低いので誰でも遊びやすい
特に序盤で操作を確認できる設計は高評価。スイッチ起動で別ルートを進めるなど、攻略の幅も広い。
アイテムのストック可能、高性能なヨッシー、スピンジャンプなど今までのマリオとは違うプレイができる。
今作からセーブ機能が搭載され、長旅の中で休憩できる。スーマリ3から大幅に進化した点の1つである。
セーブ箇所は決まっており、自由にセーブできるわけではない。この点は失点要素として後述する。
敵キャラは従来のキャラも一部続投を果たしているが、基本的には新キャラが多い。巨大な雑魚も登場。
各エリアのボスは、前作にあたるスーマリ3のコクッパ7匹とラスボスであるクッパ大王で構成されている。
過去作品に親しみを持つユーザーからも、従来キャラの続投は評価されているようだ。
初心者設計が強調されがちだが、今作は上級者用のスペシャルステージも用意されている。歯応えは十分。
また、クリア後は隠しルートを使って裏面に行けるなど、タダでは終わらせない工夫も見られる
これがロンチタイトルなのだから恐ろしいが、だからこそ現代に至るまで熱心なファンが存在するのだろう。
 失点 今作は無限増殖できる箇所が多く、従来に比べてゲームオーバーの危険性がかなり低い。
ゆえに緊張感のないプレイになりやすい。マントマリオや青ヨッシーを使えば何の苦労もせずクリア出来る。
もちろん生半可なプレイでは死ぬポイントもあるにはあるし、謎解き要素もあるのだが・・・。
セーブは、お化け屋敷、城、ブロック宮殿をクリアする事で行えるが、城と宮殿はクリア後に遊べない
そのため、セーブするためにわざわざお化け屋敷をもう1度クリアする・・・という手間が必要になってしまう
また、カートリッジの宿命であるセーブデータ消失の危険性もないわけではないし、データのコピーが不可。
SFCになってボタンが増えたことで、従来作品をプレイした人でも最初は戸惑いを隠せない部分がある
今となってはそれも「あっそう」で済むが、これにより今作を敬遠したユーザーも少なくはないようだ
ただし先述したとおり、操作に慣れる事は出来るし、そこまで難しい操作が要求されるわけでもない。
マントマリオの使い勝手があまりにも良いため、ファイヤーマリオの存在価値が低くなっている
敵をファイヤーで倒せばコインが獲得できるという利点こそあるものの、1UPが容易な今作ではそれも・・・。

余談

CS番組『ゲームセンターCX』において、有野課長が壮絶な死闘を繰り広げた作品でもある。
この放送により、有野課長の土壇場での勝負強さが視聴者に認識され、「くぐれ!」の名言も誕生した。
今作は国内だけで350万本以上、全世界で2000万本以上の売り上げを記録している
当時は任天堂・セガ・NECが覇権を争う第2次ハード戦争の最中だった。
今作によりSFCの性能と手軽さをユーザーに見せつけ、事実上このハード戦争を終焉に導いたとされる。
SFCは拡大縮小・回転機能を搭載していたが、その特徴は同時発売されたF−ZEROで見事実証された






斬新過ぎるコンセプト以外に何の価値も見出せない!

筆者は斬新過ぎるコンセプトとはいえ『超能力』という未知の存在に目をつけたことは良いと思います。

もちろん、それがゲームに反映されるか否か、面白さをもたらすかどうか、という点が重要な上でです。

あくまでも評価は悪くない操作性とコンセプトの斬新さのみ。

まさか、これだけでゲームを売ろうと本気で思ってたわけではないでしょう。たぶん。

結果的にこのゲームはナムコが投じた最悪級のクソゲーと呼ばれています。

怖いもの見たさに筆者も挑戦しましたが、一人でやりきる事は『精神的な意味で』出来ませんでした。

(※ポピー氏と合宿して何とかクリアしましたが、無駄な時間だったことは言うまでもありません。)

どうやら筆者には、このゲームが最大限求めていた強運がなかったようです。

でもよ〜く考えて欲しいのは、

運を強調するゲームは果たしてゲームと呼べるほどの存在なのかどうか。

そこですよそこ(怒)。





戻る