×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ルドマン
〜娘の為に奔走する気前の良い大富豪〜

 

 

 

 

 

主要タイトル ドラゴンクエストX〜天空の花嫁〜
プチ解説 フローラ・デボラの父親であり大富豪の家主。
先祖代々の宿命を背負う苦労人の一面を持っている。

 

 

 

 

ドラクエXでは、なんとビックリな展開として結婚イベントがあります。

その結婚イベントは物語中盤になった時に、サラボナという街で発生するのですが、

物語の成り行き上、強制イベントとなります。

ざっくばらんに言えば、結婚相手が主人公の嫁になり、パーティーに加わります。

その結婚相手は、ビアンカとフローラの2人。

DS版ではこれにフローラの姉という設定のデボラが加わります。

DS版では3人から選ぶ事になりますが、

誰を選んでも直接的にストーリーは変化しません。

が、ビアンカだけは他の2人より恩恵が少なくなっています。

また、それぞれ能力も異なり、覚える魔法なども少し違いがあります。

この結婚イベントはネット上で長きに渡って論争が絶えません。

妙な罵りあいまで起こってるので迂闊な発言はネット上では注意しましょう。

(※どうやらフローラとデボラはルドマンの実の娘ではないらしい・・・。)

 

 

 

 

さて、前置きが長すぎてスイマセンですが、

今回はこの結婚イベントと最後のカギ入手に絡んでくる人物ことルドマンを紹介しましょう。

ルドマンは大富豪の家柄で、サラボナに拠点をかまえています。

私兵を持っていたり、カジノ船を所有していたりと、

相当な資産家である事が伺えます。

また、自分の娘を宝のように可愛がっており、

とりわけフローラに対しての溺愛っぷりは尋常じゃありません。

 

 

 

結婚イベントではルドマンが、

「水のリング」と「炎のリング」を見つけた者と結婚を許すという難題をふっかけます。

結婚イベントの参加者は主人公の他に3名ほど居るのですが、

まぁどんなに手こずってもイベントはクリア可能です。

結婚の条件が、常人では全くもって達成不可能なところを見るに、

かなりの頑固爺な面があると思えます。

しかし条件達成をした主人公を物凄く気に入った挙句、

旅を共にしていたビアンカの心中を察し、

主人公に結婚相手を選択する権利を与えるなどの器の大きさも兼ね備えています。

さらにビアンカを選択しても結婚式を挙げさせてくれたり、

天空の盾を譲ったり自分の船を主人公に貸してくれたりと太っ腹です。

 

 

 

フローラまたはデボラを結婚相手に選んだ場合は、

旅の道中、兵士を派遣してアイテムを差し入れしてくれたりするのでお得な仕様です。

というか親馬鹿です。

ビアンカが不遇なのはこういった恩恵がないからだと言われています。

そりゃルドマンからすれば身内でもない人に過剰に肩入れする必要はないでしょうしね。

 

 

 

余談ですが、結婚相手を選択する際にルドマンに話しかけると、

「なんと!私を選ぶって?考え直しなさい」

という感じの台詞が飛び出します。ちょっぴりサプライズな展開です。

 

 

 

そしてルドマンの先祖であるルドルフは、150年前に、

巨大怪物ブオーンを壷に封印したのですが、

ゲーム上では封印が解ける時期になっており、主人公達はこの怪物と戦う事になります。

ルドマンは私兵をかき集めてブオーンとの決戦を覚悟しますが、

準備が整う前にブオーンが復活して主人公と戦うので、

まぁここではチョイ役扱いといったところです。

このイベント前までは、豪放なルドマンも神妙な雰囲気をかもし出しており、

一族の宿命に悩まされている描写があります。

案外、そういうところでは苦労をなさっているのでしょう。

 

 

 

ちなみにルドマンと主人公は、ゲーム冒頭で会っています。

パパスと船旅をして下船する際にルドマンとすれ違います。

(※フローラ・デボラともこの時会っているが、それぞれ忘れている。)

人に優しい、でも娘の事になると周りが見えなくなったり悩んだり。

様々な面を少しの時間で見せてくれるオッサンが、

ドラクエXをさらに盛り上げてくれるのです。

 

 

 

 

戻る。