×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ほんもの図鑑

 

 

 

 

 

 

 

某動画共有サイト(コメントできるやつ)にて、

ゲームの実況動画などを楽しんでいるのですが、徐々にやりたくなってきますね。

でもそれより『歌ってみた』もやってみたかったり。

どっちも才能が無いかもだけど協力してくれる人募集!ハルジオンです。

 

 

 

さて、今回はコミックスそのものをすっ飛ばしてまいりましょう。

コミックス第6巻より『ほんもの図鑑』をお送りします。

 

 

このお話を簡単に解説すると、

叩くと本物が飛び出す図鑑をドラえもんがのび太に貸しますが子ども達が好き勝手出してしまい、

最終的に猛獣と格闘する羽目になるというものです。

 

要約すら無視した解説なので、

ドラえもんそのものが分からなくなってる可能性がありますが、

まぁそこは物語を追って理解していただければと思います。

 

 

 

まず、場面はスネ夫がメガネザルという生物がのび太にそっくりだと

言っているところからスタートします。

この場面で注目すべきは、ジャイアンの髪型です。

今までの髪型、世間一般で認知されている髪型とは全然ちがいます。

コレはコミックスを参照してください。彼に何があったのでしょうね。

 

 

 

さて、そんな事を言われたのび太ですが、本人は全く気にしていません。

家に帰るとドラえもんが、そんな事を言われて何故怒らないのかとのび太に言います。

するとのび太、

「僕に似てるなら、よほど立派な顔の猿だろ。」

というアレな発言を早速かまします。

これにはドラえもんも天を仰いだような表情で絶句してます。

 

 

 

のび太さん。自分の図鑑でメガネザルを調べようとします。

しかし肝心のページが破けてしまっていて調べられません。

 

そこでドラえもんが、

「僕の図鑑で調べなさい」

という上から目線のセリフを吐きながら今回の秘密道具を取り出します。

どうやら動物図鑑以外にも様々な図鑑があるようです。

まぁ図鑑といったら皆さんも小さい頃に読んでいたんじゃないでしょうか。

動物・植物・昆虫・はたまた乗り物とか色々ありますよね。

ハルジオンさんも小さい頃はよく昆虫図鑑を見ながら、

カミキリムシの顔面アップ写真を見て泣き喚いていました。

 

 

さ、そんな話はどうでもよろしい。

ほんもの図鑑とは何なのか。のび太が質問しますとドラえもんがメガネザルのページを開きながら、

図鑑を下に向けて叩きます。

すると、図鑑から本物のメガネザルが出現しました!うぉ、何だこりゃ!

どうやら本物を実際に見る事が出来る特徴があるようですね。

ドラえもんも実物のメガネザルを見て「なるほど、似ている。」と言い放ってます。

ここでのび太がドラえもんに対して怒っていますが、

怒る相手はスネ夫でお願いします。>のび太さん。

 

 

 

ちなみに、本物は本で覆う様に上からかぶせると元に戻るようになっています。

こんな素晴らしい本を放って置くほどのび太は真面目じゃありません。

ドラえもんにおねだりして貸してもらうことにします。

もちろんコレでフラグが立ったのは言うまでもありません。

 

 

 

場面は外から見た野比家。のび太の部屋から煙が出ていると子ども達が騒いでいます。

「火事だ!」と騒いでる割には全然慌ててません。

すかさず入道雲ではないかと言いますがスネ夫が入道雲の解説をして否定。

しかし解説どおり夕立と雷が子ども達を直撃してしまいました。

はたから見れば大惨事の光景なのに窓から見てるのび太は楽しそうです。

コイツやっぱり只者じゃないですよね。

 

 

そして外へ図鑑を持ち出して見せびらかします。

もちろんお約束の奪い合いがスタートし、図鑑のほとんどを悪ガキどもに持っていかれてしまいました。

コレにはドラちゃんマジギレ(゚Д゚#)

 

「君の友達は借りた本を破るようなやつだろ!」

と怒りに満ちて飛び上がっているドラえもんにのび太は困惑しながら取り返すと約束。

もちろんのび太だけだと絶対に無理なのでドラえもんも一緒です。

 

まずは剛田家。ジャイアンに奪われた食べ物系図鑑を奪還します。

この時、ジャイアンの髪型が元に戻っている事に気付いてもらいたいところです。

だからそんな短時間でどうしたというんだよ>ジャイアン。

 

で、ジャイアンの様子を見るに何かを食べた形跡が。もしかして・・・。

ドラ「やったな(゚Д゚#)」

どうやらジャイアンがほんもの図鑑に載ってるお菓子を全部食べちゃったようです。

ドラちゃんめっちゃ怒った表情でジャイアンに弁償させています。

流石にこのコマにおいてジャイアンもドラえもんの表情に危機感を感じたのでしょう。

悪霊みたいな表情のドラちゃん怖いです。

 

 

 

そして次に昆虫図鑑を持ち去った友人の家に。

ドラ「蝶が足りない(゚A゚#)」

と歯を食いしばりながら怒った表情を見せるドラえもん。そりゃアナタの道具ですからね。

友人も珍しい蝶が手に入ったのに・・・と残念そうですが人のものですからね。返しましょう。

 

 

そして次に目撃したるは、1915フォードという昔の車に乗る2人組の友人。

ドラえもんは、乗り物図鑑から出したものと瞬時に見破り、返せと叫びます。

友人は、

「一回りしてから返すよ」

と言っています。

 

過去にも言及したのですが、道路交通法というものはどうなってるのでしょうか。

コイツら小学生ですよ?

なのに自動車乗ってますよ?

よし、今すぐ警察に連絡するんだ!>のび太&ドラえもん。

 

 

ま、結末としては概ね予想通りに、

電柱に激突するという、世間一般では立派な交通事故で車がおしゃかになります。

ドラえもんも図鑑に載ってる壊れた車を見て意気消沈です。

 

 

次に、妖怪図鑑を持ち去ったしずちゃんの家へ。

この描写はたったの1コマなのですが、しずちゃんは妖怪を見て悲鳴をあげています。

というか、顔色の悪さ半端ねぇ!

その光景を窓の外から眺めるのびドラの(´・ω・`)な表情も見逃せません。

 

で、ここで藤子先生の遊び心が見受けられます。

しずちゃんが出した妖怪・モンスターに『オバケのQ太郎』が混じっているのです。

しずちゃんの怯えた様子を見てQちゃんも(´・ω・`)です。

 

この場面におけるQちゃんの心境は

「お前が出したくせに・・・」

で決まりでしょう。なかなか必見のコマですよ。

 

 

そして図鑑もあらかた回収し終えたみたいですが、

まだ1冊足りない事にドラえもんが気付きます。流石は持ち主。管理は徹底的です。

その本はどうやら『昔の生き物図鑑』らしいです。早速探しに出かけますと、

『ギャア』という汚らしいフォントの叫び声が!

 

悲鳴の先にはスネ夫とマンモスがタイマン状態です。

物凄い慌て方をしているのか、スネ夫の手が6本。足は4本になっています。

音速で動かしてるのでしょうか。

 

まぁそんなことはどうでもよろしい。

さぁ、困りました。マンモスなんかどうして出したのか不明ではありますが、

獰猛かつ巨大なマンモス相手に下手な行動は出来ません。

ドラえもんはマンモスを油断させるために、

ぞうさんを歌い始めました。

うっとり聞いてるマンモス。

さらに象を褒める内容の歌を歌い続けるドラえもん。

その隙に、ほんもの図鑑を拾ってかぶせて元に戻そうとします。

 

 

しかし流石にマンモスもドラえもんの不審な行動に気付き、

ほんもの図鑑を鼻でペシッと吹っ飛ばしてしまいます。

これは絶体絶命!マンモスも激怒し、暴れだします。

踏まれたらピザ生地になっちゃうぜベイベー!

 

 

そこでのび太。お話図鑑で強い人をたくさん出現させてマンモスを退治しようとします。

これをRPGの世界では召喚といいます。

しかし人間は人間。マンモスとのタイマン勝負では勝てないようで、のび太もろとも蹴散らされてしまいます。

というか、スーパーマンとか出てるのに勝てないとか、

マンモスの戦闘能力はどれほどなのでしょうか。銃弾も弾くマンモスとかなんでしょうね。

 

 

さぁ、遂にのび太がマンモスに捕まってしまいます。

のび太さん大ピンチ!

すると上空からタケコプターを使って急降下してくるドラえもんの姿が!

間一髪、ドラえもんがマンモスを図鑑に封印する事に成功しました。

しかし酷薄な未来人と紹介した過去があるとおり、ドラえもんはやっぱり冷酷です。

 

 

ドラ「うまくいった。」

 

 

な・に・が・だ・よ・!

え?ってことは最初からのび太をおとりにして油断させておいて・・・って事なの!?

誤解なのかもしれませんが、コマの展開上、そういう解釈にしか至りません。

 

さぁ、マンモスも退治できたし帰ろうというところで、

ドラえもんがのび太を呼びます。

 

するとのび太の声が図鑑の中からします。

もしかして・・・。

 

 

 

 

マンモスのページにのび太まで閉じ込められてしまっています。

コレはスゲェ!最初から載っている物以外も封印できるんですか!?

そりゃ便利です。

僕ならアクアンとかいう珍妙な人間を閉じ込めておきたいところですね。

(※今更ですが本人に許可を得て書いています。)

 

 

で、この最後のコマで注目して欲しいところは、

のび太が閉じ込められた部分にしっかり『のび太』と記されているところです。

更に下には棒線の描写が書いてあり、そこには説明書きがされているようです。

実にハイテクな図鑑です。というかのび太は昔の生き物ではないはずですが。

 

 

ハルジオンさんが閉じ込められたらどんな説明書きが現れるんでしょうね。

「常人の理解に苦しむ文章を書き続けた病弱なオス」

とかでしょうか。

自分で書いてて人生に絶望しかけました。

 

 

 

さぁ、いかがでしたでしょうか。

ほんもの図鑑から学べる事は、欲しいものは全て自分で手にいれろという事でしょう。

ドラちゃんの怒りの表情を見ればそんな気がしますね。

 

 

 

 

戻る。