×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

走れ!ウマタケ

 

 

 

 

 

 

 

ドラえもんはドラ焼きをどの部分で消化してるのでしょうか。

気になって夜も眠れません。ハルジオンです。

 

 

 

 

 

さて、今回は第1巻の最後の話である『走れ!ウマタケ』についてテキストを綴ろうと思います。

この作品では、前回2話分の内容とは違って、のび太の望みを叶える目的で道具が登場します。

前回の『ドラえもんの大予言』では巨大マジックハンドなんていう

用途不明な道具が出てきたりして

もうアレだったので、そろそろドラえもんと言えば!みたいな展開も欲しいところです。

 

 

 

 

 

さぁ本編へ参りましょう。

この話はまず、子供たちが竹馬で遊んでいるシーンから始まります。

皆さんの予想通り、のび太だけ竹馬やってません。

まぁ理由は出来ないからという当然と言えば当然の事なのですが、

突然ジャイアンが

「竹馬コンテストをやろう」と言い出します。

出来ないのび太にとっては非常にはた迷惑な発言ですが、

子供ならば何かやりたがるという面からして別におかしいことじゃありません。

竹馬で遊んでいるスネ夫や他の人も賛成の模様。

 

 

 

ここで相変わらずスネ夫がのび太に対して

「お前ももちろんやるよな?」という言葉を投げます。

お決まりのパターンですが、次にこんなやり取りがありました。

 

 

 

ジャイアン

『よせよせ。あいつ乗れないのに可哀想じゃないか。』

 

 

スネ夫

『あ、おれ残酷な事言っちゃった。』

 

 

 

 

どこの三流漫才師だ>ジャイスネ。

そしてこのセリフを吐いてる2人の悪意に満ちた表情が実に香ばしい。

こんなん言われてのび太も黙ってられなかったようで、

竹馬コンテストに出場する事を約束したみたいです。乗れないのに。

 

 

 

のび太とドラえもんがそんな事を話しているのをたまたま聞いていたパパが、

『えらい!!』

と、フォントサイズまで別格にして感動しています。

これに感動したパパはのび太の為に竹馬を即席で作ってくれました。

息子想いの親父さんで嬉しい限りですが

のび太とドラえもんの表情が冷め切ってるので台無しです。

 

 

 

のび太『こんなもの、乗れるわけがないじゃないか。なあ。』

 

 

 

 

現代にも劣らぬ慢性的なゆとりっぷりを如何なく発揮するのび太少年。

パパが聞いたらさぞや悲しむ事でしょう。

チャレンジ精神を持たないのび太には色々とガッカリしますがまぁそれは置いておきましょう。

 

 

 

次のシーンでは、スネ夫とジャイアンが登場します。

のび太が自信満々に竹馬コンテスト出場を快諾した事を不信がってる様子。

確かにじゃんけんすら勝った事が無いのび太が快諾する事は異常です。

(※未来の国からはるばると参照)

 

 

スネ夫

『きっとドラえもんをあてにしてるんだ。未来の世界の最新型竹馬かなんか。』

 

 

 

さすがはスネ夫。見事な推理と言えるでしょう。

まぁ確かにドラえもんの力で何とかしないと無理だろうというのは周知の事実ですからね。

ドラえもんの道具がないとじゃんけんすら勝てないんですから。

(※ここまでの話でじゃんけんのシーンはありませんが・・・)

 

 

 

所変わってのび太の部屋。ドラえもんとのび太がくるくる回っています。

 

ドラ『そんなものないってのに!!』

 

のび『なくても、出してくれないと困るんだ。』

 

 

 

何このやり取り。

もう、のび太のヘタレ具合に脱力のハルジオンさんです。

ドラえもんが21世紀には竹馬が流行っていない事を告げるとのび太が泣き出します。

 

 

『ウワア』

 

 

コレね。文章で記しても全く伝わらないのでコミックで是非見てください。

このセリフのフォントのやる気の無さが凄いです。

というか臨場感でまくり。しっかり泣いてるんだなぁというのが分かります。

流石にここまでされたら弱いのがドラえもん。

『竹馬じゃなくてウマタケなら・・・でもあれは』と悩みながら言います。するとのび太さんが一言。

 

 

『似てれば何でも良い。』

 

 

お前はパチモン好きな中○人か。

(具体例:A『キティーちゃんっぽいのなら・・・』 B『似てれば何でも良い。』)

似てればも何も。棒に足を置くところが無いと竹馬じゃないだろうが。

そもそも君がこれからやるのは『竹馬コンテスト』だろ。

 

 

するとドラえもんがウマタケという竹馬っぽい何かを連れてきました。

ん?生きてるぞコイツ!

ドラえもんの説明では、馬と竹のあいの子らしく科学の力で誕生した生き物だそうです。

 

もう馬と竹のあいの子という説明がおかしいですが、

見た目が完璧に僕の知っている竹馬じゃない。

これで竹馬コンテストに出場するという根性が捻くれている気がしますが、

絶対に転ばないしスピードも凄いという特徴があるようです。

早速のび太さん試乗です。

 

 

 

乗って1コマでのび太さん蹴飛ばされました。

 

 

 

この場合は落馬という表現を使っていいのか分からないのですが、

どうやらドラえもん曰く、汚い足で乗ったからウマタケが機嫌を悪くしたそうな。

最初から説明してやれよ>ドラえもん。

 

 

乗る為にはご機嫌をとらなくてはならないみたいです。

ニンジンでご機嫌とりするシーンが実にシュールなので面白いですが、

乗った瞬間からウマタケが外に飛び出して行ってしまいました。

もちろんのび太を装備したままです。

 

 

ウマタケに乗って颯爽と風を感じながらのび太が

『明日の優勝は間違いなし』という発言をするあたり、

コイツ本気なんだなというのが分かります。

 

 

 

 

今度はママとパパの会話のシーン。

ママが洗濯物を干す竿が無いことに困っているとパパがさも当然のような表情で、

『竿なら竹馬にしたよ。』

と発言します。このシーンでちょっとだけパパに萌えてしまいそうです。

代わりの何かを探しに行ったパパ。何故かのび太の部屋に来てしまいます。

そこには休ませているウマタケがいました。

パパは『あった♪』と喜んでいますが、

何か凄い違和感を感じなかったんでしょうか。

どう見ても竿っぽくないですし、パッと見た感じ、タツノオトシゴの置物です。

 

 

 

パパの持ってきた竿(ウマタケ)にママは違和感を感じながらも

洗濯物を干し始めます。この時、ウマタケは眠ったままです。

 

洗濯物でベチャっとなった瞬間、ウマタケは目を見開いて起きます。

あまりの衝撃にビックリしたウマタケは激怒しママとパパを蹴散らします。

おぉ、ドラえもん内で三国無双状態です。

 

さぁ、塀を飛び越えて脱走したウマタケ。そこへジャイアンが通りかかり、

拉致します。

 

 

 

すると場面は野比家に変わり、のび太が両親相手に怒っています。

 

『ぼくのウマタケだよ!!』

 

正確に言えばドラえもんの私物です。というか未来から持ってきただけです。

すると傷だらけのパパとママ。パパなんて頭に包帯ぐるぐる巻き状態です。重傷のご様子。

するとパパが

 

 

『逃げちゃったもの しようがないだろ。』

 

 

お前のせいだろ。

反省せず開き直るパパ。そしてママも激怒しておりあんなの飼っちゃいけませんと一蹴します。

ウマタケを失い泣いて諦めモードののび太をドラえもんが叱咤。

 

 

『やはり、乗るんならほんとの竹馬に乗るべきだ』

 

『人に出来て、君だけに出来ないなんてことあるもんか』

 

 

ドラえもん。良い事言いました。見直しましたよ。

流石は正義の味方です。

という事でドラえもんの指導とのび太の努力が実り、

のび太は見事に竹馬を乗りこなせるようになりました!

やるじゃん!お前ら格好いいよ!

傷だらけになったのび太の根性と努力が伺えます。

 

 

 

すると剛田家(ジャイアンの実家)の前に来ました。

なにやら部屋の中が騒がしい。

まさか・・・。

 

 

 

ご機嫌斜めのウマタケが部屋で大暴れしています。

父ちゃんも母ちゃんもジャイアンもウマタケを制止する事が出来ません。

しかもウマタケ。部屋の中でウ○コしたみたいです。

 

 

で、ここでこの話は終わります。

ここで僕が気になる事をちょっと書かせてもらいますね。

 

まず、この後日に竹馬コンテストは開催されたのでしょうか。

開催されたとしても平和のうちに終わったと思います。

のび太がたとえ最下位であったとしても乗れるようになったのは成長です。

そもそもウマタケで出場した場合、

その異形から浮きまくりますし、

そもそもが竹馬じゃないため失格だと思います。

 

 

あと、ウマタケはどうなったのでしょうか。

こういう疑問はどんな話であっても残るものだとは重々承知していますが、

のび太は竹馬に乗れるようになったわけですから、

ウマタケは不要になったはずなのです。

あの後にドラえもんが何とか回収して未来に戻したという事でしょうかねぇ。

 

ってかドラえもん。

未来から連れて来たくせに逃げられた後、完全に諦めてましたよね?

普通、借り物だったら探しに行くと思いますよ。

それなのにドラえもんは、『いや これで良いんだ』みたいな発言してます。

そもそも未来の技術で生み出された得体の知れない生き物

そんな時代に放置したら問題だろ!

近所で無双されたらどうするんだよ。

 

 

 

と、最後にツッコミを入れておきました。

アニメ版もこの話は面白く構成されているので見てみると良いでしょう♪

さすがにウマタケが欲しいとは思いませんが。

 

 

 

 

 

戻る。