×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

桃太郎(2)

 

 

 

 

 

 

あらすじ

 

 

 

オジジとオババは愛知県出身。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、早速クレームが来るような書き出しからスタートしましたが、

桃太郎少年が遂に旅に出発します。

鬼ヶ島の鬼を退治して人々を苦しみから救ってあげなくてはなりません!

しかし少年1人で鬼を相手にするのはかなり無謀です。

チワワがウルトラマンに刃向かうようなものです。

 

 

そこで桃太郎は旅の途中で仲間を増やしていくわけです。

 

 

 

 

まず最初に会うのが犬です。

 

鬼を相手にするわけですからある程度の強さが必要だと思うので、

ここではこの犬を、土佐犬と断定しましょう。

腹をすかした土佐犬が桃太郎に近づいてきます。

 

この時点でバトルの予感ですが

この土佐犬は一応優しい心を持ってるようなので無闇に襲ってきません。

 

 

 

「桃太郎さん。お腰に付けたきびだんごを一つ下さい!」

 

 

勇猛果敢な犬がおやつ如きに必死です。

そもそも喋るな!

しかしそこは食わねば生けぬ社会。やはり空腹に甘いものという誘惑には勝てないのでしょう。

桃太郎は犬にきびだんごをくれてやります。

 

 

 

「お礼に鬼退治にお供いたしましょう!」

 

 

 

おやつの代わりに鬼退治です。

命がけの取引をした瞬間です。

最悪の場合、最後に食べたのがきびだんごになる可能性があるのに迷いがありません。

土佐犬とは凄いですね!

(ハルジオンさんは憶測で土佐犬のイメージをしています)

 

 

 

 

 

 

 

続いて現れたのが猿です。

猿が攻撃する手段は噛み付くか引っ掻くかの2パターンでしょう。

とてもじゃないですが鬼に勝てる気がしません。

そこでココでは、ゴリラと断定しましょう。

 

 

 

「桃太郎どん!お腰に付けたきびだんごを下さい!ウホッ!」

 

 

 

この後に「いい男」というセリフを想像した人は

残念ながら末期ですけど、たくましそうになりました。

しかし求めてきたのがきびだんごという時点で、スケールの小さなゴリです。

それはそうと桃太郎はきびだんごを差し上げる事にします。

 

 

「お礼に鬼退治にお供(ry」

 

 

 

だから、何故この世界の動物は命知らずなのでしょうか。

ですが土佐犬にゴリラ。これだけでも攻撃力の面はかなり高い存在です。

ゴリラのラリアットとか食らいたくないですね。

 

 

 

 

そして程なく現れたのが雉です。

美しい羽を持つのは良いのですが、如何せん地味ですし戦力としてはイマイチです。

そこでここではフェニックスと断定しましょう。

 

 

 

「桃太郎さん。お腰に付けたき(ry」

 

 

 

キミ達、バリエーションが無さすぎだろ。

いい加減飽きたので次も省略させていただきます。

 

 

 

そして遂に揃った仲間たち。パーティメンバーはこちら!

 

桃から生まれた:桃太郎

 

高知の破壊王:土佐犬

 

最強の霊長類:ゴリラ

 

炎の怪鳥:フェニックス

 

 

 

 

 

 

 

デフォルト仕様なのに桃太郎が浮いています。

そもそも土佐犬が愛知に居るのが間違ってましたね。

 

 

 

 

 

 

さぁついに鬼ヶ島に到着(漂着)しました!

「鬼よ!出て来い!」

勇ましい声で桃太郎は鬼を呼びます。

 

 

 

そして出てきたのは身長5mはゆうに超える鬼でした。

ここでふと思うのですが、鬼って1人暮らしなのでしょうか。

物語的にはいくつも存在するとは思いますが、

仲間を引き連れているという話はあまり聞かない気がします。

 

 

 

「今日も1人かぁ・・・。田舎のかあちゃん。元気にしてっかなぁ・・・。」

 

 

 

 

おぉ、母ちゃん思いの鬼です。頑張れ鬼!

いやいや、鬼の応援をしてる場合じゃありません。桃太郎一行の敵ですからね。

 

 

 

 

 

さぁ問答無用でバトル開始です!まずは土佐犬が突撃します。

鬼は土佐犬の攻撃によって少なからず疲労しています。やったぜ土佐犬!

 

 

 

続いて第二陣。ゴリラが物凄い形相で鬼に向かって行きます。

食らえ!必殺『ゴリラリアット』!

 

 

鬼はかなりのダメージ!反撃するも上手く避け続ける動物集団。

一人だけ食らう桃太郎。

おい!主役しっかりしろ!

 

 

 

そしてフェニックスの空中からの火炎攻撃。

火に包まれる鬼。もはや瀕死状態に近くなっています。

とどめは桃太郎!いけー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ズバッ!グチャッ!ズブズブ・・・(※自主規制)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついに鬼を撃退し、桃太郎たちはたくさんの宝を持ち帰り

平和が訪れましたとさ。めでたしめでたし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さぁ皆さん。ここで疑問です。

 

桃太郎たちは鬼を退治するに至りましたが、

どう見ても強盗にしか見えなくないですか!?

 

 

 

まぁ設定上、村を襲って奪った宝物という事なんでしょうけど、

その記述があったり無かったりするので、無い場合は完全な強盗殺人です。

しかも共謀罪が適用されるパターンです。

まぁそこは昔話の類にある誤魔化しだとか大義名分だとかですんなり通れる道なのでしょう。

とにかくこれで彼らの勇気ある旅はオシマイです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今更気付いたのですが、これは現実味のある桃太郎を追及するものでした。

しかしながらどうでしょう。

フェニックスに現実味が無い気がしてなりません。

でも消しません。だってこれはこれで桃太郎という昔話なのですから。へへ〜ん。

 

 

戻る。